« ■今日(5月11日)は猫研さんの電話無料相談会+判例更新+α | トップページ | ■判例紹介・・・「不合理な管財人の要求に屈しないことの重要性」等+α »

2016.06.28

■平成28年6月27日最高裁判決(認定司法書士の業務範囲)+旧武富士の情報「最終(第2回)弁済」+α

‥‥……━★

もうすぐ七夕ですね・・・。

夏至も過ぎ・・・気がつけば,今月初の投稿になってしまいました(汗)

EU離脱ショックには驚きましたが(まさかギリシャ等よりもイギリスが先抜けするとは・・・)

まだ何も起こる前から為替や株価等が過敏に反応している事の方が異常にも思えてなりませんが。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

昨日,最高裁から注目の判断が示されています。

最高裁判例HPより以下抜粋
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85969

債務整理を依頼された認定司法書士(司法書士法3条2項各号のいずれにも該当する司法書士)が,裁判外の和解について代理することができない場合

-----

以下各所ブログ等から抜粋ご紹介(順不同)

最高裁 司法書士扱う借金整理の範囲狭める判断  NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160627/k10010573831000.html

【認定司法書士の代理権】最高裁平成28年6月27日判決  とある弁護士のひとりごと
http://lawblog.exblog.jp/25956579/

司法書士の代理権の範囲は金額説+個別債権ごと説で決まり|福岡の弁護士菅藤浩三のブログ
http://ameblo.jp/kantokozo/entry-12174947448.html

代理権140万円の解釈 - 司法書士佐季papaの毎日が一期一会
http://blog.goo.ne.jp/saki_papa/e/93fa860530c9acb870564e1b0488faee

任意整理における司法書士の代理権(最高裁判決)  - はなみずき司法書士事務所
http://www.8732ki.com/blog/archives/1861

-----

業者側のブログでも解説が出ています・・・。

過払い金専門の認定司法書士に降りかかった最高裁判決 品川のよっちゃんのほうむ話
http://eyochan-home.cocolog-nifty.com/blogdayo/2016/06/post-e608.html

---------

[旧武富士の情報]

 いよいよ最終弁済が決まり,送付されているとのこと。。。

【貸金業者の対応】旧武富士その後⑧  とある弁護士のひとりごと
http://lawblog.exblog.jp/25938307/

TFK株式会社
http://www.tfk-corp.jp/
 
---------

[その他]

下記で知りました・・・なるほど見方を変えると。。。

NHK「昔話法廷」 - 司法書士内藤卓のLEAGALBLOG
http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/482a4ff48c49f7e8ecfd77270ebd416d

『昔話法廷』続編決定 アリ、舌切りすずめ、乙姫が訴えられたら  ORICON STYLE
http://www.oricon.co.jp/news/2074109/full/?platform=hootsuite

 新シリーズは「アリとキリギリス」、「舌切りすずめ」、「浦島太郎」の3本。キリギリスを見殺しにしたアリは「保護責任者遺棄致死罪」で有罪か、それとも無罪か。舌を切られた仕返しにおばあさんを殺そうとした罪に問われるすずめは無罪を主張するが、その真相は!? 危険な玉手箱を使って、浦島太郎を殺害しようとした乙姫は、実刑か?それとも情状酌量で執行猶予か? 白熱の(?)法廷バトルが繰り広げられる。

---------

☆今日のつぶやき☆

光陰矢のごとし・・・今年も半分終わろうとしています。。。

歳を感じる今日この頃です・・・。

-----

各地でいろいろ事件事故が多発しています。

その中でも,特に沖縄の軍関係者による問題等は軽視できない状況に来ているように思えます。

個人的には,沖縄の方々はもう我慢する必要はないかと思えます。。。

今後も日米地位協定が沖縄の方々に有利になることはないでしょう・・・。

これを変えるには,やはり沖縄の準独立しかないかと思います。。。

中国でいえば香港に近いように・・・沖縄が独自に主権を持てるような形にして、日米地位協定の圏外にしてから沖縄主導で厳しく律していく。。。

沖縄から基地を全て無くすことは難しいので・・・沖縄が地権者(大家)になって米軍へ貸し出して、賃料収入で収入を得るというのはどうでしょう?

賃料(離発着料等)が払えないというのなら・・・アメリカ軍は退去するしかないでしょう。。。

収入が無くなる?最悪・・・中国なら喜んで賃料を払ってくれるかも知れませんね(尖閣諸島等の問題がありますが・・・)

どんな形でも,アメリカが沖縄を手放すとは思えませんが・・・。

いずれにしても,沖縄(琉球民国?)の未来を作るのは始まったばかりです・・・。

どうか沖縄の方々の苦労が報われますよう願います。

(それではまた)

|

« ■今日(5月11日)は猫研さんの電話無料相談会+判例更新+α | トップページ | ■判例紹介・・・「不合理な管財人の要求に屈しないことの重要性」等+α »

■「振り込め詐欺救済法に基づく公告」の続報」カテゴリの記事

■「武富士」(現:TKF:日本保証)の情報」カテゴリの記事

■ビンボーでも学校へ行こう!(まごころ奨学金)」カテゴリの記事

■判例(ご参考)」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

司法書士の業務範囲は、今更という時期の判決でしたね。
ハゲタカが飛び去った後の荒地になってから、判断を示したところで。
まあ、この後司法書士を訴える弁護士とか出てくれば面白いですけど。

武富士の最終配当も一つの時代の終りを感じさせます。
役員相手の裁判は高裁まで全部敗訴しているらしいですね。
最高裁で逆転しますとか書いてありますが、まず無理でしょうね。

投稿: 通りすがり | 2016.06.29 10:17

通りすがり様

ご訪問&コメントありがとうございます<(_ _)>

今後は広告業界への影響も出そうな気がしますね(^^;)
弁護士事務所>司法書士事務所

後の荒れ地とのことですが・・・某所では確かに減少傾向らしいのですが,思ったほどまだ過払い金返還請求は衰えていないようです???

まだまだ10年時効にかからない潜在的なものがあるのでしょうか?

いずれにしても,一部?の司法書士への過払い金報酬の不当利得裁判があるかも知れませんね。。。

ややこしいのは・・・10年時効にかかってきている方の場合は救済されるかどうかですが・・・出来なければ,司法書士さんへの不法行為による損害賠償?になっていくのかな???

いずれにしても,初めから消費者金融会社が過払い金を自主的に返還(相殺)してくれていれば良かったのですが・・・。

今夜はこれで失礼します<(_ _)>

投稿: yuuki | 2016.06.30 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■今日(5月11日)は猫研さんの電話無料相談会+判例更新+α | トップページ | ■判例紹介・・・「不合理な管財人の要求に屈しないことの重要性」等+α »