カテゴリー「■「日本振興銀行」の続報」の記事

2016.10.05

■「日本振興銀行」と「SFCG」のその後の情報+「CFJ合同会社」が不更新!+α

‥‥……━★

お久しぶりです。
 
前回書いたのが夏でしたから・・・月刊から季刊?になりかけています(汗)
 
今年の台風は,進路も異常の上に勢力も強力の為,例年以上に各地に被害が出ています。
特に東北・北海道を襲った被害の方々に対して,遅くなりましたが心より哀悼の意を表します。
 
今年の台風は,まだまだ油断は出来ませんね。。。
 
---------
 
それでは本題です。
 
---------
 
[消費者金融・過払い金関連]
 
しばらく検索をサボっていたらいろいろと情報が出ていました。。。
遅くなりましたが各所よりご紹介まで<(_ _)>
 
[日本振興銀行の情報・その後]
 
下記の記事で知りました。


木村元会長に37億円賠償命令=債権買い取りで振興銀に損害-東京地裁:時事ドットコム
整理回収機構<対外発表>」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kaisyukikou.co.jp/announce/index.html#4


・平成28年 9月29日 日本振興銀行役員責任追及訴訟判決

2016_0929

 
-----
(追記:続報)
 
木村剛元会長に2審も賠償命令 日本振興銀破綻巡り5億円 - 産経ニュース
 
整理回収機構 <対外発表>様HP
 
・平成28年10月19日 日本振興銀行役員責任追及訴訟判決(第2事件)
---------
[SFCGの情報・その後]
 
「株式会社SFCG破産管財人室」様HPより抜粋ご紹介
 
調査報告書(17)/次回債権者集会期日

Sfcg_2016_0928


---------
[その他判例]
 
「愛知県弁護士会のホームページ」様より抜粋ご紹介
 
(司法書士の業務範囲の既報判例)
16/10/05 消費者問題速報 VOL.148 (2016年7月)
 
(CFJ合同会社の不法行為他)
16/10/05 消費者問題速報 VOL.147 (2016年6月)
 
---------
[CFJ合同会社の情報]
 
上記の事もあり,CFJ合同会社のHPにアクセスが出来ないので変だな?と思っていたらついに「不更新」になっていました・・・今後は回収に専念の「みなし貸金業者?」になるのでしょうか?それとも・・・?
(追記1)
HPは復旧?しているようです?・・・メンテだったのかな?
http://cfjgk.jp/CFJKK/index.do
(追記2)
HPに経緯が8月に出ていました(^^;)
 
貸金業登録に関するお知らせ

Cfj_3

と言うことらしいです<(_ _)>
-----
 
【協会員情報】協会員加入退会状況(平成28年度理事会)  「日本貸金業協会」様HPより抜粋ご紹介
 
(なお,CFJ合同会社のその後につきましては,詳細が分かりましたら追記にて・・・)
---------
 
[東日本大震災・原発関連]
 
やはり前兆現象があったようです・・・また月の引力による影響も裏付けられたようです。。。
M7以上の大地震を直前予測 大気中の電子増加を分析 京都大学 - ハザードラボ
 
巨大地震の発生リスク 満潮時に高まる 過去20年間の大地震を分析 東大 - ハザードラボ
 
---------
 
☆今日のつぶやき☆
 
日本人25人目のノーベル受賞者が,昨日発表されたことはとても素晴らしいことですね。
 
ノーベル医学・生理学賞 大隅良典さん|NHK NEWS WEB
昨今は暗いニュースが多いので,明るいニュースには救われます。。。
 
-----
秋も深まって来ましたが,まだ夏の残りが押し合っています・・・。
 
今年も秋は短いようです・・・。
 
悪い風邪も流行っていますので,皆様お身体を大切に!
 
(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2015.07.22

■クロスシードの情報(最後配当は2.15197%,配当通知が発送!)+旧日本振興銀行の続報(旧経営陣の江上剛氏らが和解!)+α

‥‥……━★

こんばんは。

先週に続き・・・台風12号の動き+熱中症には要注意を!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報の続報になります。

「クロスシード破産管財人室」様HPより抜粋ご紹介。
http://www.crossceed-kanzai.jp/

2015/07/21
重要なお知らせを更新しました
「配当通知の発送について」を新たに掲載しました。

-----

Photo

---------

[旧 日本振興銀行の続報]

少し前の記事からのご紹介です。。。

それにしても・・・時間が経つのが早く感じられます。。。

旧経営陣の江上剛氏らが和解 振興銀訴訟、6千万支払い -社会(TOKYO Web)東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015071701001452.html

-----

(ご参考)

「整理回収機構 <対外発表>」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kaisyukikou.co.jp/announce/index.html#4

関与者責任追及  (進行中のもの)

・平成24年 8月21日 日本振興銀行役員責任追及訴訟(第2事件)についてPDF
http://www.kaisyukikou.co.jp/announce/announce_582.pdf

・平成23年 8月23日 日本振興銀行役員責任追及訴訟についてPDF
http://www.kaisyukikou.co.jp/announce/announce_568.pdf

---------

☆今日のつぶやき☆

それにしても・・・不思議な事件事故が続きます。。。

また追記?で・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2013.04.17

■NISグループの情報(配当公告)+SFコーポレーションの情報(訴訟の進行具合)+日本振興銀行関連の情報(旧:中小企業経営支援機構(株)の破産手続開始:負債約60億)+[判例更新(アコム)]+α

‥‥……━★

こんばんは。

先日から,予期しない所で不気味な地震が続いていますね。。。

先々のご用心を!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

少し前の記事も併せてご紹介まで<(_ _)>

-----

[NISグループの情報]

「NISグループ」様HPより抜粋ご紹介
http://www.nisgroup.jp/

【手続進行について】
 平成25年4月8日付けで最後配当の官報公告を行いました。
  このため、除斥期間が満了する4月22日の経過をもって最後配当の対象となる債権が確定し、その後は、いかなる理由があっても、手続上、債権届出を提出することはできませんので、ご注意ください。

-----

Nis

-----

[SFコーポレーションの情報]

「㈱SFコーポレーション」様HPより抜粋ご紹介
http://sfcorporation.jp/

2013.04.10
訴訟の進行について(3)

http://sfcorporation.jp/news/20130410.html

-----

[日本振興銀行関連の情報]

時間が経つのが早いですね。。。

「㈱帝国データバンク」様HPより抜粋ご紹介
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3766.html

2013/04/12(金) 保証、コンサルティング業務
日本振興銀行関連
株式会社BASホールディングス
破産手続き開始決定受ける
負債59億7134万円

「東京」 (株)BASホールディングス(資本金3億550万円、杉並区天沼3-2-2、代表勝見孝志氏)は、3月26日に東京地裁へ自己破産を申請し、4月3日に破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は松下満俊弁護士(千代田区丸の内2-4-1、電話03-3212-1451)。債権届け出期間は5月8日までで、財産状況報告集会期日は7月2日午後2時。

 当社は、2008年(平成20年)8月に中小企業経営支援機構(株)として設立。「中小企業振興ネットワーク」の一員として、日本振興銀行(株)から多額の融資を受けるとともに、同行の融資先(全国の中小企業)に対する保証業務と保証先に対するコンサルティング業務を主体とし、一時は全国に19支店を展開。2009年11月期には年収入高約2億1200万円を計上していた。

 しかし、2010年9月10日に日本振興銀行が民事再生法の適用を申請。同年11月に中小企業経営支援機構(株)から現商号に変更していた。以後は、同行からの新規融資先の紹介を得られなくなったため、既存顧客を対象に、当社が独自で提供できる経営コンサルティング業を主体としてきたものの、大幅な業容縮小を余儀なくされていた。
 
 負債は約59億7134万円(うち日本振興銀行からの借入は約56億円)。

---------

[判例更新]

「名古屋消費者信用問題研究会」様HPより抜粋ご紹介
http://www.kabarai.net/index.html

2013/4/13
会員の判決/消滅時効」に、貸付中止措置の時から過払金債権の消滅時効が進行を始めるというアコムの主張をしりぞけた福岡高判平25.3.14(上告審判決)を追加しました。

---------

☆今日のつぶやき☆

日本振興銀行(SFCG)関連やJトラスト関連?の記事が続きました。。。

-----

昨日は,東京ディズニーランドが30周年と・・・夢はいつまでも持ちたいですね。。。

東京ディズニーランド30周年でにぎわう - NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130415/k10013920871000.html

-----

それから先日,また大俳優の訃報がありましたね。。。

三國廉太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます(合掌)

-----

また時間が取れましたら・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (2)

2013.01.07

■日本振興銀行の情報(にぎわいパートナーズ(株)「旧:中小企業流通機構(株)」が破産手続き,約65億円)+定例の振り込め詐欺関連(特殊詐欺)+α

‥‥……━★

こんばんは。

今日から平成25年が本格的に始動ですね。

それにしても,寒い日が続きますね。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

久し振りの,日本振興銀行関連情報です・・・。

「㈱帝国データバンク」様HPより抜粋ご紹介
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3722.html

2013/01/07(月) 信用保証業務
日本振興銀行関連
にぎわいパートナーズ株式会社など2社
破産手続き開始決定受ける
負債65億3500万円



「東京」 にぎわいパートナーズ(株)〈旧:中小企業流通機構(株)〉(資本金2億8350万円、登記面=港区赤坂3-16-11、代表佐々木英世氏)は、2012年12月14日に東京地裁へ自己破産を申請し、19日に破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

 申請代理人は鈴木健文弁護士(港区赤坂2-11-7、電話03-3560-5051)。破産管財人は河野慎一郎弁護士(港区浜松町1-2-17、電話03-5733-6747)。財産状況報告集会期日は3月27日午後3時。

 当社は、2008年(平成20年)12月に設立された保証会社。中小企業に対する融資業務を行う日本振興銀行(株)のグループとして、同行を中核とする中小企業振興ネットワークの1社に位置し、流通業者(小売、卸売)向け融資に特化した保証業務を行っていた。

 しかし、2010年9月10日に日本振興銀行(株)が民事再生法の適用を申請。同行グループからの借入金に依存していたため事業継続が困難となり、今回の事態となった。

 なお、子会社で古物品売買などを手がけていた、(株)にぎわい(資本金4000万円、同所、同代表)も、同日同地裁より破産手続き開始決定を受けている。

 申請時の負債は、にぎわいパートナーズ(株)が約65億円、(株)にぎわいが約3500万円で、2社合計で約65億3500万円。

---------

[振り込め詐欺関連]

残念ながらまだまだ・・・被害が出ています。。。

検索で「振り込め詐欺」と入力すると・・・沢山出てきます。。。

もっとも,最近は「手渡し型」が増えています。。。

年配の方が1人で離れて暮らしている場合には,特にご注意を!

-----

未公開株関連の事件も相変わらずのようですので・・・まだまだご注意を!

-----

平成25年1月4日 : 振り込め詐欺救済法に基づく公告について(概要) : 預金保険機構
http://www.dic.go.jp/katsudo/furikome/gaiyo/h24/2013.1.4.html
 
振り込め詐欺救済法に基づく公告−口座情報検索ができます
http://furikomesagi.dic.go.jp/cond_base.php

-----

(ご参考)

警視庁」様HPより

特殊詐欺
(振り込め詐欺及び振り込め類似詐欺)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/han_furikome/1_top.htm

振り込め詐欺事件犯人の写真公開!!
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/furikome/h231201.htm

オウム真理教関係では,手配写真と現在の人相が「警察官」でも分からないのですから・・・余程注目しないと。。。

---------

(その他,ご参考)

2億円以上を不正送金 振り込め詐欺の温床にある私設所書箱業者を逮捕 - 新宿の司法書士関根圭吾の業務日誌
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/d033947c146c40106a073a3f22b19ca5

--------

☆今日のつぶやき☆

日本振興銀行・・・遙か昔の出来事のような気がします。。。

自民党政権に戻って・・・あの人の動きは???

-----

それから,既報でご紹介済みの「まごころ奨学金」制度の申し込みが1月31日(消印有効)です。

該当の方は申請されてみてはいかがでしょうか?

(ご参考)

振り込め被害金から奨学金 犯罪被害者支援へ50億円:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/national/update/0105/TKY201301050078.html

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2012.09.10

■「SFCG」の情報84(第2回債権者集会)+「日本振興銀行」が本日解散+α

‥‥……━★

こんばんは。

ロンドンパラリンピックも早いもので閉幕しました。

パラリンピック選手団が会見 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120910/k10014924231000.html

選手団もそうですが,応援するスタッフの方々には「クリスタル(目に見えない)メダル」が首にかかっていたように見えました。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

㈱SFCG」HPが久しぶりの更新です。

抜粋ご紹介まで<(_ _)>

Sfcg

-----

【9/10】 調査報告書(9)/次回債権者集会期日
http://www.sfcg.jp/pdf/20120910_reserch.pdf

平成24年9月10日,第9回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。
なお,第10回債権者集会は平成25年2月18日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。

-----
(以下PDFより抜粋ご紹介)

Sfcg_2

-----

Sfcg_4

-----

奇しくも・・・「日本振興銀行」が本日解散しました。。。

日本振興銀行」様HPより抜粋ご紹介

2012年9月10日(月)
銀行解散の公告

http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press120910.pdf
-----
(以下PDFより抜粋ご紹介)

Photo

---------

[その他・ご参考]

アイクカードサービスの本社 - 馬上行動 山田冬樹の部屋
http://d.hatena.ne.jp/yamada-home/20120907/1346990765

-----

「いじめ」問題で,多方面に波及している中での,現職大臣の自殺(女性がらみ?)は勘弁して欲しいものです(合掌)

松下金融相の女性問題、週刊誌が報道予定!自殺との関係は? - ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120910/plt1209102226007-n1.htm

---------

☆今日のつぶやき☆

明日はいよいよ9・11・・・。

いろんな意味での「9・11」になりそうです。。。

最高裁の判断はいかに?

-----

その他いろいろ記事がありますが・・・また。。。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2012.05.09

■NISグループ[旧ニッシン]の情報(民事再生法の適用を申請!)「負債,約508億!(昨年末時点)」[上場廃止日は,6月10日](追記:債権者名簿)

‥‥……━★

こんばんは。

東日本を中心に今日より明日の天気が心配です。。。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

動向が注目されていましたが・・・また!?

㈱帝国データバンク」様HPより抜粋ご紹介
http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3604.html

2012/05/09(水) 中小企業向け金融
東証2部上場
NISグループ株式会社
民事再生法の適用を申請
負債508億2300万円

「東京」 NISグループ(株)(資本金282億8937万5826円、港区南麻布3-19-23、登記面=愛媛県松山市千舟町5-7-6、代表原川城治氏)は、5月9日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は森浩志弁護士(港区赤坂1-12-32、電話03-5562-8500)ほか8名。監督委員は内田実弁護士(港区虎ノ門1-16-4、電話03-3502-6294)が選任されている。

 当社は、1953年(昭和28年)8月に愛媛県松山市で創業、60年(昭和35年)5月に法人改組した中小事業者向け総合金融業者。72年から消費者ローンの取り扱いを、81年からは商工ローンの取り扱いを開始。営業エリアを全国主要都市に年々拡大し、96年9月には大証2部へ上場を果たしていた。98年4月には本社機能を東京へ移し、同年12月には東証2部へ上場、99年9月には大証、東証ともに1部上場に指定替えを果たし(大証については2002年に上場廃止)、2001年3月期には年収入高約320億2700万円を計上していた。

 その後も事業者ローン分野での複数企業との提携、さらには関係会社設立による債権回収業務へ進出するなど積極的に事業を展開、2003年3月期の年収入高は約413億8100万円にまで伸長、約49億4500万円の当期純利益を計上していた。また不動産ファイナンス事業部を新設するほか投資事業にも注力し買収や提携策を推し進めた結果、NISグループとして事業者ローン事業を中心に、不動産、リース、証券など幅広い業務分野を手がけ、2006年10月に商号を(株)ニッシンから現商号に変更していた。その後も地銀などとの中小企業融資における保証業務を進めていたが、貸出し上限金利の引き下げや過払利息引当で収益は悪化し、2009年3月期の年収入高は162億4600万円に大きく落ち込み、当期純損失約464億2400万円を計上、借入金にかかる財務制限条項の抵触、いわゆるゴーイングコンサーンの注記が記されるなど財務内容が悪化していた。2009年12月には米国ファンドのTPGグループの出資分の一部が中小企業保証機構グループに譲渡され、続く2010年3月期は営業貸付金の減少、不動産売買の減少もあって年収入高は約86億5900万円に、当期損失17億3300万円を計上。2010年8月にはネオラインホールディングス(株)を引き受け先とする第三者割当を発表し、財務基盤の安定化を目指していた。

 こうしたなか、日本振興銀行(株)が9月に民事再生法の適用を申請、同行に対する保有株式や長期貸付金の引き当て処理を行ったことで、貸金業法の定める純資産要件を満たさなくなったことから2010年12月31日付で貸金業を廃止。財務内容の悪化により、東証2部に指定替えとなっていた。また、大口債権者との間で、再建策の合意に向けて交渉を進めていたが、合意の見通しが立たず、今回の措置となった。

 負債は、約508億2300万円(2011年12月31日時点)。

 なお、今年に入って上場企業の倒産は山水電気(株)(東京都、4月、民事再生法)に次いで3社目。

---------

NISグループ㈱」様HPより抜粋ご紹介
http://www.nisgroup.jp/

詳細は上記リンク先にてご参照下さい<(_ _)>

-----

Nis

-----

債権者説明会PDFより抜粋ご紹介

債権者説明会は,東西で5月15~16日に行なわれます。

Nis_2

----

Nis_3

---------

ネオラインホールディングス㈱」様HPより抜粋ご紹介
http://neoline.co.jp/topics/new_info.html

2012.05.09
NISグループ株式会社との「資本・業務提携に関する基本合意書」の解除について

http://neoline.co.jp/topics/pdf/20120509.pdf

---------

☆今日のつぶやき☆

関連記事は,また明日以降になります<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

-----

追記:5月16日

NISグループ/民事再生・債権者
( JC-NET(ジェイシーネット)様より抜粋ご紹介)
http://n-seikei.jp/2012/05/post-8542.html

Photo

-----

詳細は上記リンク先にてご参照下さい<(_ _)>

| | コメント (0)

2012.04.09

■NISグループの情報(過払い金債権のトレード完了!)「最強法律相談室」様ブログ(NISその後)より+日本振興銀行の情報(偽造証明書で刑事告発!)

‥‥……━★

こんばんは。

桜の季節ですね。。。

今日から新学年もスタート!

同時に,フレッシュマンも満開のようです・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

既報(NISの過払金買います)でご紹介後の続報が出ていました!

NISその後
(「最強法律相談室」様ブログ 4月9日付よりご紹介)
http://blog.livedoor.jp/sarakure110/archives/51890790.html

先日書いたNISの過払金買いますの件は、無事80万円の債権を買い取ることができた。
 その後この債権と借入金(約77万円)を相殺する旨の準備書面を裁判所に提出したところ、NISは訴訟を取り下げた。
 ご協力いただいた関係者に深く感謝したい。

 こうした債権買い取りは、過払金の支払いを命ずる判決が出てもこれに従わず、極めて低水準の和解案しか提案してこない金融業者には有効な対抗手段だと思っている。

 今後このブログで情報を発信していく予定。

---------

[日本振興銀行の情報]

特定の職員で,裁判所発行書類を偽造した事件があったようです。
なお,有印公文書偽造(「供託原因消滅証明書」の偽造)で刑事告発したとのこと・・・。

うーん・・・関与はいつ頃の人かな???

日本振興銀偽造証明書を発見 警視庁に告発
(「毎日jp」様より抜粋ご紹介)
http://mainichi.jp/select/news/20120410k0000m040082000c.html

2012年04月09日 21時31分(最終更新 04月09日 23時14分)

 10年9月に経営破綻し民事再生中の日本振興銀行4件(東京都千代田区)は9日、偽造された「供託原因消滅証明書」が行内で数通発見されたと発表した。同証明書は法務局に預けた供託金の返還を求める際に裁判所が発行する証明書。預金者への返済に充てるために供託金の返還作業を進める中で見つかった。供託金の不正流用などは確認されていないが、同行はこの日、警視庁に容疑者不詳のまま有印公文書偽造容疑で告発した。

 同行の金融整理管財人となっている預金保険機構も調査チームを設立し、原因解明を進める方針。

 銀行は融資金の返済が滞った場合、法務局に供託金を預けて債務者の担保を仮差し押さえするが、完済された場合に裁判所に差し押さえと供託の必要がなくなったことを届け出て、同証明書の交付を受ける。


-----
日本振興銀行」様HPより抜粋ご紹介

2012年4月9日(月)
当行において偽造とみられる公文書が発見された件について

http://www.shinkobank.co.jp/info/pdf/press120409.pdf

---------

☆今日のつぶやき☆

今後の「過払い金返還訴訟」&「残債務減額?」として・・・恐らく主流になるのではと思われます。。。

「最強法律相談室」様ブログに注目です!

-----

☆今日の嬉しいニュース☆

ゴルフの「石川遼」選手,婚約おめでとう!

石川遼、中学同級生と婚約 米本格参戦へ20歳の決意 ― スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/04/09/kiji/K20120409003007650.html

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

2012.03.21

■「センバツ高校野球が開幕」・・・球史に残るであろう選手宣誓に感動!+(追記:日本振興銀行の情報「木村元会長に有罪判決!」)

‥‥……━★

こんばんは。

今日から甲子園で「センバツ高校野球」が始まりました。

やっと「春」が来たという気になります。。。

未来を担う若人のハツラツとした姿は,何よりのものですね。。。

-----

それにしても,石巻工(宮城)阿部翔人主将の選手宣誓は球史に残るでしょう(立派!)

センバツ宣誓「苦難の先に必ず幸せが」 - YouTube(tbsnewsi )

センバツ:選手宣誓全文 - 毎日jp(毎日新聞)

内容もまた声質・間合いも良く・・・内容を聞いて思わず涙ぐんでしまいました。。。

-----

それにしても昨日のリハーサルは,体調不良だったのに「本番」一発で・・・なかなか出来ないことです。

くじ運といい,野球は本当に筋書きのないドラマですね。。。

勇気と感動をありがとう!

若人の熱戦に栄光あれ!

---------

☆今日のつぶやき☆

昨日の残りを書こうかと思いましたが・・・,ここまでにさせていただきます<(_ _)>

(今夜はこれで失礼します)

---------

(追記)

かなり遅くなりましたが,「木村元会長に有罪判決」の記事をここで追記させていただきます<(_ _)>

振興銀の木村元会長に有罪判決 検査妨害「主導的に関与」
(「SankeiBiz(サンケイビズ)」様 3月16日付よりご紹介)
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/120316/cpb1203161728000-n1.htm

経営破綻した日本振興銀行の検査妨害事件で銀行法違反(検査忌避)罪に問われた元会長、木村剛被告(49)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。登石郁朗裁判長は「積極的かつ主導的に犯行に関与しており、刑事責任は重い」として、木村被告に懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 共犯の元役員3人は、いずれも懲役6月、執行猶予3年の有罪判決が確定。木村被告は、検査妨害とされたメール削除を「細かく指示した事実はない」と、積極的関与は否定していた。

 登石裁判長は、メール削除などを指示されたとする元役員らの証言は「自然かつ合理的なもので、信用できる」と、木村被告の積極的な関与を認定。結果的に検査期間が約9カ月の長期に及び、「銀行業務の健全・適切な運営の確保を目的とした金融行政に与えた影響は大きい」と指摘した。

 また、「金融庁の顧問として金融検査マニュアルの策定等にかかわりながら、検査の実効性を失わせる行為を組織的に行っており、悪質」と非難した。

 一方、犯罪の成立自体は認めていること、事件で役職を退いたことなどから、執行猶予とした。

-----

なお控訴をしない為、確定になっています。

「判例ニュース」様より抜粋ご紹介
http://www.shihoujournal.co.jp/jud_precedent/120331_1.html

《刑事・判決確定》
―銀行法違反被告事件―
木村剛・日本振興銀元会長
 読売新聞は31日付朝刊に「木村被告の有罪確定」という見出しで次の記事を掲載した。
 日本振興銀行(破綻)の検査妨害事件で、金融庁の検査対象のメール約720通を部下に削除させたなどとして銀行法違反に問われ、1審・東京地裁で懲役1年、執行猶予3年の有罪となった元会長、木村剛被告(49)は控訴期限の30日までに控訴せず、判決が確定した。

(追記終わり)

| | コメント (0)

2012.02.09

■平成24年2月6日最高裁判決(債権管理回収業に関する特別措置法違反被告事件)+日本振興銀行の情報(10億円の所得隠し)

‥‥……━★

こんにちは。

最高裁からサービサー違反の判例が出ていました。

簡略ですが急ぎご紹介まで。

どこの消費者金融業者とサービサーかな?

たぶん・・・。

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

最高裁HPより抜粋ご紹介
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=81980&hanreiKbn=02

事件番号     平成22(あ)787
事件名      債権管理回収業に関する特別措置法違反被告事件
裁判年月日   平成24年02月06日
法廷名      最高裁判所第三小法廷
裁判種別     決定
結果        棄却
判例集等巻・号・頁

原審裁判所名   大阪高等裁判所
原審事件番号   平成21(う)1340
原審裁判年月日 平成22年03月26日

判示事項 
裁判要旨

法務大臣の許可を受けないで,消費者金融会社から不良債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為について,債権管理回収業に関する特別措置法33条1号,3条の罪が成立するとされた事例

参照法条 

全文 PDF→ http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120209112112.pdf


主 文

本件各上告を棄却する。

理由

被告人両名の弁護人阿部泰隆,同倉科直文,同吉田大輔の上告趣意のうち,判例違反をいう点は,所論引用の判例は事案を異にして本件に適切でなく,その余は,単なる法令違反の主張であり,被告人A本人の上告趣意は,単なる法令違反,事実誤認の主張であって,いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない。
なお,所論に鑑み,職権で判断する。

原判決及びその是認する第1審判決の認定並びに記録によれば,本件の事実関係は,次のとおりである。
被告人A(以下「被告人」という。)を代表者とする被告人株式会社B(以下「被告会社」という。)は,登録貸金業者であるが,自らは貸付業務を行わず,債権管理回収業に関する特別措置法(以下「サービサー法」という。)3条の債権管理回収業に関する法務大臣の許可を受けないまま,消費者金融業者から不良債権を譲り受け,その管理回収を行うことを業としていた。被告人は,被告会社の業務に関し,被告会社従業員らと共謀の上,登録貸金業者である消費者金融業者2社から,本件で被告人らが回収した債権(以下「本件債権」という。)を含む不良債権を貸付残高の約6,7%の価格で大量に購入した。本件債権は,長期間支払が遅滞し,譲渡元の各消費者金融業者において全て貸倒れ処理がされたものであった上,その多くが,利息制限法にのっとって元利金の再計算を行えば減額され又は債務者が過払いとなっており,また,債務者が援用すれば時効消滅となるものもあったが,被告人らは,これらの事情を十分に認識した上で本件債権を購入し,本件債権の回収に当たって,利息制限法に定める制限額を超える利息の支払の約定がされている債権につき,利息制限法の制限額内に引き直すことなく請求をしていた。さらに,本件債権の回収方法は,最終期日を10日後等に指定した上で,それまでに連絡がない場合には,全額集金に行くか,強制執行への移行など断固たる措置をとる旨記載するなどした書面を債務者らにいきなり送付し,電話で督促するというものであり,債務者の勤務先の社長にも多大な迷惑,損害を及ぼすことになる旨記載した書面を勤務先内の債務者宛てに送付したり,勤務先に宅配便の運転手を装って電話をして連絡先の電話番号を伝え,電話をしてきた債務者らに対し,支払要求をしたりすることもあった。そして,被告人らは,債務者らと支払条件の交渉をして分割払の方法で本件債権の弁済を受けるなどしていた。

所論は,サービサー法3条の法務大臣の許可を受けずに行った本件債権の管理回収に関する営業について,①本件債権には事件性がないし,「訴訟,調停,和解その他の手段」によって回収したものではないから,サービサー法2条2項後段には該当しない,②社会的経済的に正当な業務の範囲内であるから違法性が阻却されると主張する。

しかし,被告会社が譲り受けた本件債権は,長期間支払が遅滞し,譲渡元の消費者金融業者において全て貸倒れ処理がされていた上,その多くが,利息制限法にのっとって元利金の再計算を行えば減額され又は債務者が過払いとなっており,債務者が援用すれば時効消滅となるものもあったなど,通常の状態では満足を得るのが困難なものであるところ,被告人らは,本件債権に関し,取立てのための請求をし,弁済を受けるなどしていたのであるから,本件債権の管理回収に関する営業は,サービサー法2条2項後段の「他人から譲り受けて訴訟,調停,和解その他の手段によって特定金銭債権の管理及び回収を行う営業」に該当するといえる。したがって,法務大臣の許可を受けないで,本件債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為は,サービサー法33条1号,3条に該当すると解するのが相当である。

また,前記のような被告会社の業務態様に照らしても,本件の無許可営業について,所論のように社会的経済的に正当な業務の範囲内のものと見る余地はなく,違法性を阻却するような事情は認められない。

以上によれば,本件債権の管理回収に関する営業について,サービサー法33条1号,3条の罪の成立を認めた原判断は相当である。


よって,刑訴法414条,386条1項3号により,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。
(裁判長裁判官 田原睦夫  裁判官 那須弘平  裁判官 岡部喜代子  裁判官 大谷剛彦  裁判官 寺田逸郎)

---------

☆今日のつぶやき☆

また詳細が分かりましたらUPしたいと思います。。。

(取り急ぎ一旦失礼します)

---------

追記:

記事が出ていました。

貸付業務を行っていない登録貸金業者が債権譲渡を受けて行う回収行為はサービサー法違反 - 司法書士内藤卓のLEAGALBLOG
http://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/b5fbecda7029197ec35a7948a47d13e6

サービサー法違反の罪の成立を認める最高裁判決 - 弁護士秋山努(たちかわ市民法律事務所)
http://tachikawa-siminn-law-office.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/02/post_f6c5.html

-----

それで,今回の最高裁まで行った所はたぶん・・・既報でご紹介の会社かも知れません。。。

原審裁判年月日が,平成22年03月26日で大阪管轄から考えると・・・,「富士クレジット?」はまだその後のようですから,「レオン?」かも知れませんね。。。

(ご参考)

富士クレジットの犯したサービサー法違反等について処罰を求める告発状 - 高松あすなろの会
http://takamatsu-asunaro.org/a/61

いずれにしても,今回の判決によって今後を物語っているようです・・・。

---------

[日本振興銀行の情報]

日本振興銀が10億円の所得隠し NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120209/t10015909011000.html

関連で・・・,

振興銀元会長、執行猶予判決求め結審 メール削除事件 - 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/national/update/0203/TKY201202030672.html

判決は,判決は3月16日とのことです。。。

| | コメント (2)

2012.01.25

■NISグループの情報(旧:中小企業信用機構㈱との和解契約書締結に関するお知らせ)+α

‥‥……━★

こんばんは。

大寒波による大雪被害が心配です・・・。

事故等には細心の注意を!

---------

それでは本題です。

---------

[消費者金融・過払い金関連]

NISグループについては,最近動きがいろいろ出ていますね・・・。

NIS GROUP」様HPより抜粋ご紹介
 
2012.01.25
株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズとの和解契約書締結に関するお知らせ

http://www.nisgroup.jp/japanese/news/files/2012.01.25.pdf

-----
(以下PDFより抜粋ご紹介)

Nis20120125

-----

20120125

-----
ご参考まで。

NISグループ(ニッシン)の現状  ガチンコ過払い請求! 千葉債務整理相談室ブログ

---------

[判例]

ご参考まで。

名古屋消費者信用問題研究会」様HPより抜粋ご紹介

2012/1/24
会員の判決/その他」を更新し、翌月一回払いには過払金充当合意は存在しないというオリコの主張を、1回の弁済によって取引が終了するのではなく、借入れと返済を繰り返すことが当然の前提となっていることを理由に、斥けて一連計算を認めた名古屋高判平23.3.25を追加しました。

---------

[その他]

他にも・・・。

振り込め詐欺容疑で6人逮捕 被害2億円か社会(CHUNICHI Web) - 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012012590211442.html

---------

☆今日のつぶやき☆

その他にもいろいろありますが・・・。

(今夜はこれで失礼します)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

■[東北関東大震災](平成23年東北地方・太平洋沖地震)の情報 | ■DFS(アップルことドリームユース)の情報 | ■NISグループ[旧ニッシン]の情報 | ■SFコーポレーション(三和ファイナンス)の続報 | ■「CFJ」の情報 | ■「SFCG(旧商工ファンド)」の続報 | ■「アイフル」の情報 | ■「アエル」の続報 | ■「アコム」の情報 | ■「アペンタクル」(旧:ワイド)の情報 | ■「エイワ」の情報 | ■「オリコ」の情報 | ■「クラヴィス」の情報 | ■「クレディア」(旧:フロックス)の続報 | ■「クレディセゾン」(セゾンカード)の情報 | ■「クロスシード(旧ネオラインキャピタル)」情報 | ■「サンライフ」情報 | ■「タイヘイ」の情報 | ■「ニコス」の情報 | ■「ネットカード㈱」の情報 | ■「プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス㈱)」の続報 | ■「ライフ」の情報 | ■「レタスカード」の続報 | ■「㈱ギルド[旧:ヴァラモス(旧トライト)]」の情報 | ■「振り込め詐欺救済法に基づく公告」の続報 | ■「新洋信販」の続報(現:㈱ユー・エス・エス) | ■「新生銀行←GEコンシューマー・ファイナンス(レイク)」の続報 | ■「日本プラム」の続報 | ■「日本振興銀行」の続報 | ■「武富士」(現:TKF:日本保証)の情報 | ■ビンボーでも学校へ行こう!(まごころ奨学金) | ■プライメックスキャピタル(旧キャスコ)の情報 | ■マンション賃貸(更新料等の判決)情報 | ■ロプロ(旧:日栄)の情報 | ■㈱しんわ(関係情報) | ■丸和商事㈱の情報 | ■判例(ご参考) | ■平成21年1月22日最高裁判決(消滅時効は取引終了時) | ■平成21年3月3日最高裁判決(消滅時効は取引終了時) | ■平成21年3月6日最高裁判決(消滅時効は取引終了時) | ■平成21年7月17日最高裁判決(過払い利息は,過払金発生時期から発生する) | ■平成21年9月11日最高裁判決(期限の利益喪失が状況により?) | ■平成21年9月4日最高裁判決「不法行為の構成定義」 | ■平成23年9月30日最高裁判決(「プロミス←クラヴィス(タンポート)」切替え判決) | ■平成24年6月29日最高裁判決(「プロミス←クラヴィス」債権譲渡事案)[嬢渡は認められず?] | ■新「過払い金返還」訴訟へ時代はシフト!・・・時効20年の続報 | ■書籍のご紹介 | ■最高裁判決(不法行為) | ■最高裁判決(個別・一連取引) | ■最高裁判決(時効の起算点) | ■最高裁判決(更新料) | ■最高裁判決(期限の利益喪失関係) | ■最高裁判決(欠陥住宅判決) | ■最高裁判決(移送) | ■最高裁判決(譲渡事案) | ■資本減少公告と「異議申立」の続報 | ■過払い債権の売買(トレード) | ■高血圧 | ■Jトラスト㈱(旧:㈱イッコー)情報 | ☆最近のジョークなフレーズ☆(不定期) | おすすめサイト | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 経済・政治・国際